仕事の内容

デリヘルのアルバイトは、まず、お客さんの接客が基本となります。
なので、お客さんから指名があるまでは自由に過ごしておくことができます。

指名が入ると、男性スタッフと一緒にお客さんの元に行くことになります。
その時には、お客さんの利用するコースやオプションを確認しておくいことも重要です。
車の中でも自由に過ごすことはできますが、よりサービスをして楽しませることを考えるのも仕事になります。

基本的にはホテヘルの場合もこのような仕事になりますが、お客さんが店に来て、一緒に近くのラブホテルに行くことになります。
なので、その道程をお客さんはデートのように楽しみたいと考えている人がほとんどです。
ですから、基本的にはカップルのような関係で談笑することが望ましいです。
そうすることによって、お客さんのお気に入りになることができ、楽しく働くことができるようになります。

面接で

デリヘルやホテヘルなど風俗店でも当然ですが、アルバイトでも面接はあります。
一般的な企業と大きく違うのは、面接はその場で合否がわかることです。
なので、後日連絡と言われたら基本は不合格ということになります。
ですが、判断の基準が一般的な企業よりとても低いので、よっぽどのことをしない限りは面接で落ちることはありません。

面接をする人はその店の男性スタッフとなっていることがほとんどです。
なので、面接を多く繰り返している場合が多く、さまざまな情報を抜き出すことにタケている人となります。
なので、見栄を張るのではなく、正直な受け答えをするように心がけるとよいです。
また、質問に答えるだけではなく、接客的に自分から質問して、やる気をアピールすることも1つの手段となります。

面接の時には、自分で調べてもわからない情報などをしっかり確認しておくことが大事です。
入ってから後悔する前にしっかり聞きたいことは聞いておくことで、失敗することを防ぐことができます。
また、面接などでは、給料などの質問はあまりよくない印象を与えるとされていますが、給料が元で満足できないと辞めてしまうこともあります。
なので、そのような事になる前に聞きにくい質問もしっかり確認しておく必要があります。

最近の投稿

アーカイブ